まずは黒を

男性

ジャケット選びのポイント

レザージャケットはハード系のファッションアイテムと思われがちですが、実はカジュアルなファッションコーディネートにも使える万能なアイテムです。レザージャケットは革でできているため保温性と耐久性も高く、ライダーの体を守るためのウェアとしてもよく使われています。本革と人工皮革がありますが、コーディネートをあか抜けたものにしたいのならば本革を選ぶべきです。もちろんその分値段は高くなりますが、その分長く使えますし、多少の劣化は風合いのよさになります。使えば使うほど体になじむのが革の良さであり魅力でもあります。レザージャケットを選ぶときは本革である以外にもいくつかのポイントがあります。まず色は黒がオーソドックスで使いやすいでしょう。茶色やベージュ、焦げ茶や赤茶といったバリエーションも増えてきていますが、まずは黒を選んでおけば間違いありません。黒ならばカジュアルにもハードにも合わせられます。ハードすぎると感じるかもしれませんが、デニムなどのカジュアルアイテムに合わせるとぐっとしまっておしゃれに見えるのです。レザージャケットのポイントとしては、合わせがシングルかダブルかというものもあります。ダブルの方が定番なので、ダブルを選ぶ方がよいでしょう。シングルだとカジュアルになるのでカジュアルに着たい場合はシングルもありです。丈は腰丈ジャストを選ぶのがポイントで、長すぎると垢抜けない印象になるので注意が必要です。